乳児湿疹 原因 対策

乳児湿疹の原因は知っていますか?

育児の悩みはつきませんが、多くの母親を悩ませるのが乳児湿疹です。

 

カサカサしていたり、赤く痒そうな赤ちゃんの
肌は見ているだけで可哀想になります。

 

殆どの赤ちゃんが少なからず通る道ではありますが、少しでも症状が軽くなれば安心ですね。

 

では原因や対策を探ってみましょう。

 

乳児湿疹の原因とは?

肌が薄くちょっとした刺激に敏感に反応してしまう乳児期は湿疹のリスクが高くなります。

 

様々な原因があり、一概にこれと言える訳ではありません。
その中で原因の1つとして考えられるのが母乳によるものです。

 

母乳育児をしている場合は、母親の食事が母乳の質と関係している可能性があります。

 

乳児湿疹と食べ物の関連性

赤ちゃんが飲む母乳の質は、母親が摂取した食べ物が影響して良くも悪くもなります。

 

母親が油分の多い揚げ物や糖分の多いお菓子類を摂り過ぎると、母乳そのものも脂質や糖質が多くなります。

 

また食べ物を多く食べ過ぎて母乳過多になると、余分な母乳が貯まってしまい質が落ちることも考えられます。

 

さらに乳製品や大豆製品が多い偏った食事が、タンパク質の多く含んだ母乳となり赤ちゃんの体内で消化しづらくなります。

 

これらが母乳の質を悪くして、結果乳児湿疹として現れてしまうことが言えるのです。

 

乳児湿疹を改善する対策

母乳育児をしている場合は、母親がバランスの良い和食中心の食事をすることで、乳児湿疹の改善を期待できます。

 

また食事改善で以下の事を心がけてみましょう。

 

・揚げ物などの油分の多い食べ物は控える。

 

・お菓子などの糖分が多い食べ物は摂りすぎないようにする。

 

・野菜が中心の塩分控え目な食事を心がける。

 

食事は比較的に低脂肪でカロリー控えめの和食がオススメです。

 

また甘いおやつを我慢するのもストレスとなり、それが母乳の質を落とすことにもなりかねません。

 

例えば油分がたっぷりの洋菓子ではなく、和菓子にしてみるのもいいですね。

 

あまり神経質になりすぎるのもよくありません。
自分なりにストレスをためない程度の対策を見つけてみましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの栄養は母親の母乳からであり、母乳の質は大変重要であることが分かります。

 

しかし母親が食べる物で変化する母乳の質や、赤ちゃんの肌の状態はとても個人差があるものです。

 

「こんな食生活で乳児湿疹が改善した」または「乳児湿疹が悪化した」などの変化を記録しておくといいですね。

 

バランスの良い食事は乳児湿疹を改善することだけでなく、母親自身の病気予防や体調を良好に保つことにも繋がります。

 

家族のためにもぜひ心がけてみてくださいね。

乳児湿疹の原因は母乳は関係ない?塗ると治る◯◯とは!?

赤くなっていたりプツプツのニキビのような乳児湿疹を見ていると、何とかして治してあげたいですよね。

 

乳児湿疹の原因や改善方法は色々と言われていますが、どれも一概には正解とはならないのです。

 

その中でもよく耳にするのが「母乳」。
ここで乳児湿疹と母乳を結びつけてお話をしましょう。

 

母乳が原因で乳児湿疹ができるのは関係ない?

母乳が原因で乳児湿疹ができるという話。ネットで検索してみると色々と出てきますよね。

 

これだけ母乳というワードが出ていると誤解を生みやすいのですが、原因の1つとしてあり得るかもしれないという程度にすぎません。

 

これは母親の母乳のみで栄養を摂っている赤ちゃんは、母親が取り込んだ栄養がそのままいきます。

 

偏った食事をしていると、余分なものが乳児湿疹として現れてしまうというものです。

 

ただミルク育児の赤ちゃんの肌には乳児湿疹がないか?といったらそうとも言えません。

 

母乳が乳児湿疹とあまり関係ないとも言い切れませんが、バランスの取れた食事で母親の健康が保てるという意味では食事の大切さはありますよね。

 

母乳を塗ると乳児湿疹が治る?

巷では「母乳を塗ると乳児湿疹が治る」という噂があるようです。

 

それは本当に効果があるのでしょうか?

 

実際に母乳を塗ることで乳児湿疹が治ったというケースはあったようです。

 

方法は簡単です。
指に母乳を取り、乳児湿疹に薄く塗っていく。

 

またはコットンに母乳を染み込ませ、乳児湿疹の部分に数分張り付けておく。

 

しかしまったく効果が見られなかったというケースがあるのも事実です。
この方法はかなり個人差が大きいようです。

 

母乳の乳児湿疹ケアは昔ながらの民間療法

一昔前に母乳には強力な殺菌作用があると信じられていて、母乳が軽い症状の皮膚炎や火傷の薬として使われていた時代がありました。

 

しかし実際には殺菌作用はそれほどありません。

 

医学会でも認められている訳ではなく、あくまで民間療法の域を出ていません。
しかし昔から言われている民間療法なので、まったく効果がないわけではないでしょう。

 

乳児湿疹ケアの1つの方法として、自己責任で試してみるのもありかもしれませんね。

 

まとめ

乳児湿疹と母乳の関係性はあるかもしれません。

 

しかしそれだけにとらわれてはいけません。

 

赤ちゃんの体質によっても違うので、赤ちゃんのことをよく観察することが大切です。

 

「これをしたら乳児湿疹が改善した」「こんな食生活で乳児湿疹が悪化した」などの
変化の記録を取ってみるといいですね。